温泉

2014年11月21日 (金)

野沢温泉





 野沢菜発祥の地、野沢温泉村で野沢菜収穫体験をした後は
 村内に13ある外湯とよばれる共同浴場巡りをスタート!

 まずはお昼をいただいたお店から程近い所にある温泉街のシンボル大湯へ♨︎

Photo
時刻は午後2時過ぎ.....
 空いているかと思いきや、結構な混み具合だったので退散〜!!

大湯から徒歩数十秒の所にある河原湯へ♨︎
 数年前の私だったら敬遠して入らなかったであろう昔ながらの共同浴場。
 野沢温泉初体験の転勤族の妻友2人が楽しめるかどうか心配でしたが、
思ってた以上に盛り上がってくれてホッ( ^ω^ )
 盛り上がりすぎて外観も湯船も撮り損ねました(汗)。


Photo_2
松葉の湯♨︎

 いくつか外湯をハシゴしたかった私は、
 河原湯にのんびり浸かる2人を置いて空いてそうだった松葉の湯へ移動♪



Photo_3
 大正解( ´艸`)プププ 


 貸切のお湯は熱々だったけれど、のんびり浸かることができました。

 その後しばらくして2人と合流すると、
 「私たちも別のお湯に浸かってみたい!」と、まさかのリクエスト!!
 すっかり気に入ってくれたようで何より♡


Photo_4
 そんなわけで熊の手洗い湯へ♨︎

 
その後は上寺湯へ行き、最後に大湯へ戻り、湯めぐり終了。
 源泉掛け流し温泉4つ制覇です!!
 ちなみに以前私は1日で全て制覇.....個人的には勲章ものです(笑)。

 特に温泉好きというわけではない都会っ子も、
  年をとるとこういう昔ながらの共同浴場を楽しめるようになるのね.....。
 私だけじゃなかったのね〜
(≧∇≦)


Photo_5
天然記念物麻釜熱湯湧泉に立ち寄ると.....


Photo_6
 村民が正真正銘のお菜洗いをしていました。


Photo_7
もくもくと湯気が立ち上る麻釜♨︎

 昔は観光客も立ち入ってお菜洗いをさせてもらえたそうですが、
  今は安全の為に村民以外は立ち入り禁止なんだそうです.....残念。


Photo_8
〆は夕焼けを見ながら足湯♨︎

 温泉街でアイスを調達し、食べながら黄昏た転勤族の妻たちでした。

 日帰りじゃなくて泊まりにすれば良かったと、ちょっぴり後悔した私たち。
 旦那たちは働いているというのにいい気なもんです(呆)。
 でも旦那に付き合って放浪人生を送っているのだからこのくらいはねぇ〜。


 2年連続での野沢菜収穫体験&野沢温泉巡り。
 この分だと来年も参加しちゃう可能性大でございます
( ̄ー+ ̄)







2014年11月 2日 (日)

赤倉温泉






 標高1300メートルの笹ヶ峰ですっかり冷えてしまった身体。
 一目散に山を下り、赤倉温泉へと向かいました!

 旦那ちゃんと各々でスマホを検索、
 色々と調べているうちに面倒臭くなってしまい、テキトーに選んだ立ち寄湯は.....


Photo
香嶽楼

 湯のHPで見る限り古びた昭和の香りがしましたが、
 湯の花もそのままの源泉掛け流しとあったので、迷わずこちらにお邪魔しました♨︎
外観を撮るのを忘れてしまった〜(´・ω・`)ショボーン



Photo_2
貸切万歳♡

 数キロ先の北地獄谷から引いてきたお湯は硫酸塩・炭酸水素塩泉。
 お宿の蛇口に注がれる時には45℃前後に冷まされ、
 露天風呂の湯加減はバッチリでした♨︎

 「当館のお風呂は湯の花の量がとても多いので驚かないでくださいね。」
 フロントで代金を払う際に女将さんに言われた一言です。

 私を誰だと思っているわけ〜?
 温泉天国長野県民なんだけど(転勤族だけど)!
 毎週温泉巡りしてるし〜!

 「は〜い!」とか言いながら内心そう思っていた私でしたが、
 お湯に浸かったと同時に浮き上がった湯の華の大きさに超逃げ腰(恥)。
 昆布のように大きな茶褐色の湯の華がうようよ浮いておりました。

 それこそが身体に良い温泉成分の塊だと分かっていても、
 身体に触れるのには抵抗が.....。
 イカサマ長野県民確定ですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ


Photo_3
  内湯には普通サイズの湯の華が浮いておりました(笑)。

 保温効果が高いのか、何時間たっても身体がポカポカしていましたよ!
 近くに良質な温泉がたくさんあるので気にも止めていなかったけれど、
 赤倉温泉の泉質もなかなかのようで.....。

 詳しく記載されたサイトを発見したのでお勉強してみようっと! 
 実は半年ほと前から温泉ソムリエの資格が欲しいなぁと思っている私です♪







2014年9月28日 (日)

七味温泉

.




 近頃また毎晩のように花火があがっている長野市。
 昨日は西側の窓から、一昨日は南側のベランダから花火見物.....大忙しです。

 さて、先日久し振りに信州高山温泉郷へ行って来ました。
  ヒロリン一家と草津温泉へ遊びに行った帰りに立ち寄ったのが8月中旬。
およそ1ヶ月振りの七味温泉です♨︎


Photo
今回お邪魔したのは恵の湯



 新緑の春も、緑濃い夏も、紅葉が美しい秋も、雪景色が素晴らしい冬も、
 いつ訪れてもうっとりするような景色が広がるお気に入りの温泉です♡


Photo_2
 こじんまりとした内湯にはやや熱めのお湯がた〜ぷり♨︎

そして.....

Photo_7

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_8

Photo_9

 写真を見てもらえば説明などいりませんね。
 たった500円で得られる最高の癒し空間です(* ̄ー ̄*) 


 ただ一つ問題なのはその匂い。
 お湯に入っている時には程よい硫黄の匂いも、
 帰宅して部屋という密室に入ると、かなり強い硫黄臭に変化します(笑)。

 上がり湯を浴びて帰って来ても、体中から硫黄の臭いがぷ〜んぷん♨︎
 翌日の夜にシャワーを浴びてもぷ〜んぷん( ̄Д ̄;;
 衣類に付いた硫黄臭は1週間経っても消えません。

 毎度のことですが、本当にビックリ(汗)。
 それでも止められないのが温泉の怖いと・こ・ろ( ´艸`)プププ

 来月には紅葉も始まっていることでしょう.....楽しみです♪









2014年9月14日 (日)

松代温泉





近頃またまた外食生活が続いております。

    1週間の北海道旅行から帰って来たカズコりんとしゃぶしゃぶランチをしたり、
 転勤族の妻友シマりんとココット料理屋さんへ行ったり、
講師仲間のMIMI先生とロイホへ行ったり、
 出来るだけお野菜たっぷりのヘルシーメニューを選ぶ様にはしていますが、
    食後のスィーツ食べちゃったら意味ないよね  ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

そんな私の毒素排出方法.....
それは週に1度の温泉巡り〜♨︎♨︎♨︎

温泉天国長野県ならではの
   地元の人御用達の古びた温泉を見つけては探検気分ででかけております!



Photo
こちらは先日見つけた松代温泉公民館

    そう、何を隠そうここは公民館なのでございます( ̄Д ̄;;
 住宅街の中にある公民館の中に源泉掛け流しの温泉があるのでございます(汗)。


Photo_2
 靴を脱ぎ、250円を支払っていざ入館!


Photo_3
 析出物が張り付いて岩風呂のようになった湯船!


 日本でも有数の濃いお湯として有名な松代温泉ならではの光景です。
 もちろん加水も加温もされていない源泉掛け流しの温泉です。


Photo_4
 析出物が固まって鍾乳洞のようになった床!


Photo_5
 鉄分の多い無色透明なお湯は空気に触れると茶褐色に変化します。


 過去に松代荘、一陽館、寿楽苑とお邪魔しましたが、
ここ公民館が一番気に入っちゃったかも♡
一陽館も良かったけれど、クセがありすぎてね(;´▽`A``

 とにかく古びた感はありましたが、清掃も行き届いていてとても清潔でした。

 内湯しかないけれどそれもまた良い感じかな。

 近いうちにまたお邪魔したいと思いま〜す!!







2014年9月 1日 (月)

七味温泉






 草津温泉の湯畑前にあるトンカツ屋さんでランチをいただき、
 同じく湯畑前にある光泉寺の境内をお散歩し、さっさと草津を後にした私たち。

     なぜなら志賀草津道路は冬期閉鎖しているだけでなく、
     この時期も夜間(17:00〜08:00)通行止めになってしまうのです。
  万が一通行止め区域内に閉じ込められたら死んでしまいますΣ( ̄ロ ̄lll)

道路脇には駐停車禁止がた〜くさん!
 あちらこちらで硫化水素ガスが発生していますから要注意なのです。


Photo
 行きは雲の中だった展望台からの景色。

 青い空や飛行機雲、遠くの山々まで見ることが出来て一同大興奮♪
     まぁ本来だったら富士山まで見えちゃうはずなんですけどね(泣)。


Photo_2
      国道最高地点を超え、長野県へ入った所でルートを変え高山村へ!

 8つの温泉からなる信州高山温泉郷♨︎
 何を隠そうワタクシ.....
 長野市民になって以来、大・大・大の高山村ファンなのでございます。


Photo_3
 今回初めて七味温泉・紅葉館にお邪魔しました。

 温泉大好きサリーどん&カイトを恵の湯へ連れて行ってあげたかったのですが
  残念ながら閉館前に到着出来ず(。>0<。)

 どうしようかと途方に暮れていたところ、
 恵の湯のオジさんがお隣の紅葉館を紹介してくれたのでした。
     毎日お湯を抜いてしまう立ち寄り専門の恵の湯と違い、宿泊施設の紅葉館は、
 訪ねれば営業時間を過ぎていても入れてくれることがあるそうです♡


Photo_5
 貸し切りだったのでもちろん撮影( ´艸`)プププ



Photo_4
 
 露天風呂は恵の湯と同じ乳白色のエメラルドグリーン♨︎



Photo_7
 ヌルっとした肌触りがたまりません♡



Photo_6

 松川渓谷のせせらびをBGMに心も身体もリラックス!




Photo_8
 まったりモード全開のご一行様(笑)。


    たった数百円で味わえる極上の時間.....幸せです。
 温泉天国長野県万歳〜\(^o^)/






2014年8月15日 (金)

渋温泉






小布施でのランチを済ませ、お買い物をしていると、
「温泉街も見てみたいなぁ♪」と言い出した旦那Sisterケイト。
小布施から1番近い温泉街と言えば.....


Photo_7
渋温泉♨︎

 小布施からは車で15分位でしょうか。
信州湯田中温泉郷(横湯川・夜間瀬川流域に点在する9つの温泉)の中で
 最も温泉街の雰囲気を味わえるのではないかと思います♪


Photo_8
温泉街にはもののけ姫のモデルとなった金具屋も!



Photo_9
渋温泉で宿泊客以外が利用できるのは大湯のみ♨︎


 洗い場も何も無い温泉。
 少し前の私だったら即退散しているであろう昔ながらの本当の共同風呂。
 暇さえあればあちこち旅行をしているケイトにとっても新鮮だったらしく、
 貴重な体験が出来たと喜んでくれました♪


Photo
 こちらは大湯の上にある足湯♨︎


Photo_2
源泉掛け流しの贅沢な足湯の温度は50℃近く.....

いつものことですが、どう頑張っても足先すら浸けられず(´;ω;`)ウウ・・・
水を注ぎ、冷めるのを待ってから入浴しました。

 ここ2週間ほど忙しくてお休みしていた温泉巡り。
 やっぱり週に1度は温泉に入りたいな♡










2014年7月25日 (金)

湯田中温泉





全国的に暑かった昨日は長野市の暑さも例外ではなく.....
 まるでお盆の頃のようなギラギラとした太陽が照りつけた1日でした☀︎

 とは言え、陽が落ちて1時間もすると心地よい風が吹き抜け
 ぐっと気温が下がるのが長野の素晴らしいところ。
関東平野で生まれ育った私には考えられない現象です(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

 やっぱり人間はコンクリート&室外機ジャングルではなく
 自然に囲まれ自然と共に暮らすのが1番よね♡


さて、昨日は予定通り久し振りに温泉を楽しんで来ました♪

 中野市のイオンモールでの買い物ついでに向かった先は下高井郡山ノ内村。
全国的に有名な信州湯田中温泉があるところでございます♨︎



Photo_4
お邪魔したのは湯田中温泉駅からほど近い所にあるコチラ
清風荘

 ネットで検索するとなかなか良さそうだったのでお邪魔してみました!
外国人も数多く受け入れている小さな旅館だそうです。


Photo_5
中庭の中央には伝統的な湯屋建築の内湯。

湯田中温泉にある共同風呂、大湯に似た作りになっていました。
野沢温泉の大湯にも似てたかな.....。


Photo_6
お邪魔した日はその内湯が女風呂になっていました♨︎

この日は平日だったので貸し切り♪
 熱めの湯量豊富な源泉掛け流し&貸し切りということはすなわち
高温過ぎて入れないということですね〜(笑)。


Photo_7
 貸水を注ぐこと約15分、ようやく浸かることができました♨︎


正直最初はつま先すら浸けることは出来ませんでした(;´д`)トホホ
 あまりの熱さに野沢温泉での体験を思い出さずにはいられなかった私です。

無色透明の単純泉、
 鼻をつく臭いも無く、お肌にまとわりつくようなやさしいお湯でした。

 久し振りの温泉巡り、今回も大満足でございま〜す!













 

2014年7月24日 (木)

若槻温泉






最近急に暑くなって来た長野市。
最近ハマっている弓道教室のレッスンは午前中なのですが、
特に激しい動きはないものの、集中しているだけで汗が滴り落ちて来ます。
.....と言っても朝晩は十分涼しいですが(*≧m≦*)

 暑くなると温泉巡りの回数も自動的に減ってくるようで、
 今月はまだ2回しか温泉へ行っていないことに気づいてしまいました(泣)。
 明日は旦那ちゃんがお休みなので、久し振りに温泉へ連れて行ってもらおっと♪


Photo
こちら、最近お気に入りの若槻温泉♨︎


Photo_2
自宅から車で5分程の所にある町の外れの温泉です!

地元の人しか訪れないような温泉なので、風情もなにもなく(笑)、
誰かのおウチへお邪魔したかのような雰囲気漂う施設です。


Photo_3
内湯は小さな湯船がひとつあるだけ。


Photo_4
外湯もこんな感じです(;´▽`A``

がしかし、源泉掛け流し、加水なし、消毒なしの立派な温泉で
 住宅街にありながら、湧出量は毎分1000リットル以上もあるそうです♨︎


Photo_5
外湯にはこんな壷湯もあります!

 源泉の温度が低いので、内湯とこの壷湯だけは加温されているようです。
実際冬場は寒くて外湯には入っていられませんでした( ̄Д ̄;;
 今の時期はちょうど良いです.....♡


Photo_6
外湯からの眺め♪

お友達の家も、我が家も、全て望めるロケーション!

.....ですが、お湯に浸かると何も見えません(笑)。


その他にも最近は上越市にある七福の湯へ、
先月はいつものように大室温泉まきばの湯へ数回、
そして千曲市にある上戸倉温泉にある湯の華銭湯等へお邪魔しました。

温泉三昧生活、まだまだ楽しみたいと思いま〜す。
さて、明日はどこへ行こうかな♪







2014年5月 8日 (木)

馬曲温泉




およそ1年3ヶ月振りに馬曲温泉へ行って来ました!

長野市街からは車でおよそ1時間半.....
上高井郡木島平村にある眺望が素晴らしいことで超有名な温泉でございます。

Dsc08084
馬曲温泉・望郷の湯


Dsc08089
女湯からのこの眺め.....最高です♨


Dsc08092
前回は冬景色が美しい時期にお邪魔しましたが、今回はGW真っ只中♪

木島平は豪雪地帯なので雪見の湯として名を馳せている望郷の湯ですが、
満開の桜と新緑の山々に囲まれた春景色もなかなかのものでした。


Dsc08093_2
春景色と呼ぶにはまだちょっと早いかな.....

でも5月に入ってからお邪魔したので春なのは間違いありません(;´▽`A``
まだまだ肌寒い春の木島平村です。   


Dsc08099
曇り空だったので、雰囲気が暗く感じるのが残念でした。


望郷の湯の特徴は外湯が内湯のある母屋から離れていること。
外湯に入るには服に着替えておよそ100メートル歩かなければなりません。

この日私は外湯→内湯→外湯の順で行ったり来たり(笑)。
それもまた楽しい長野温泉三昧生活なのでございます~。
次の転勤までにあと何回お邪魔出来るかな❤






 

2014年3月29日 (土)

沓野温泉




先日山ノ内町にある沓野温泉へ行って来ました♨

渋温泉と川を挟んだ反対側の高台にある沓野温泉は
文政元年(1818年)に発見され、湯治場として栄えた温泉だそうです。
渋温泉のお気に入りよろづやさんを横目に小さな温泉を開拓です(^_-)-☆


Dsc07672_2
沓野温泉・くつの館さん

お宿というより個人のお宅といった感じでしょうか。
扉を開け中に入ると子供の靴やオモチャ、住人のジャンパー等がお出迎え(笑)。

ご主人が顔を出してくれたものの、
勝手にあがって勝手にやってください的な雰囲気満載だったので、
勝手にやらさせていただきましたヽ(*≧ε≦*)φ


Dsc07675
内湯への扉を開けると小さなヒノキの湯船が出現♨


Dsc07677
チョロチョロと流れ込むお湯は無色透明でした。

外には混浴の露天風呂があるはずなのですが、一体どうやって.....
と思っていたら湯船横にある窓から外へ出る仕組みになっていました(^-^;


Dsc07682
小さなお庭には熱々のお湯が入った大きな釜風呂が一つ。

フタを外し入ろうとしたものの熱くて断念。
ひと足先に露天風呂へやってきた旦那ちゃんも、あまりの熱さに断念し
お隣の岩風呂に入っておられました♪


Dsc07681
頭にタオルをのせご満悦の旦那ちゃん.....失敬(^^ゞ

こちらのお湯は外気に触れ、ちょうど良い温度に保たれていました!
ご近所の方の声や駐車場から車のエンジン音が聞こえ若干落ち着きませんでしたが、
まぁそれも楽しかったです。

ちなみに私はタオルワンピースを着用して入りましたよ。
そうでもしないととても気楽に入れるような環境ではありませんでした(笑)。

脱衣所には住民の方の物なのか貸し出し用なのか分からない
タオルやドライヤーが置かれていたので遠慮なくお借りしました(;´▽`A``


さて次はどこの掛け流し温泉へ行こうかな♪





より以前の記事一覧