« ママごはん | トップページ | 新型新幹線 »

2014年4月14日 (月)

柿田川湧水


熱海の実家から長野へ戻る日、
ちょっと足を伸ばして駿東群清水町にある柿田川湧水群へ行って来ました。

富士山の東斜面に降った雨や雪融け水がおよそ15年かけて
40キロ離れた清水町の国道1号線脇から滾々と湧き出ているスポットです。


Dsc07877_2
富士山周辺には同じ様に水が湧き出しているスポットがありますが、
ここ柿田川の水量が最も多く、東洋一の湧水と言われているそうです。


Dsc07879_2
光の加減によって青く輝く水。


Dsc07864_2
厚生労働省が発表したおいしい水の条件を全て満たしているそうですよ❤


Dsc07871
豊富な湧水に水底の砂が巻き上げられまるで生きているかのようでした。

この日もペットボトルやタンクを持ってやってくる人が後を絶たず、
私もご近所だったら間違いなく通っているだろうなと......( ´艸`)プププ
ちなみに、清水町だけでなく三島市や沼津市の一部、
その他地域へも水道用水として送水されているそうです。


Dsc07865_2
次々と溢れ出る湧水。

湯量豊富な長野の温泉もそうですが、このまま川へ流すのはもったいない(。>0<。)
どうにかして我が家までひけないかしら(笑)。
だって.....


Dsc07861
この量ですよヾ( ̄0 ̄;ノウソーッ!!

柿田川はこの柿田川湧水から始まっており、
駿河湾まで全長1、2キロの日本一短い一級河川です。
長良川、四万十川とともに日本三大清流に数えられているんだそうです。


Dsc07887
駐車場脇にはお土産さんやカフェ、レストランが数軒。


Dsc07882
誰かさんのように湧水に興味のない人は優雅に時間を潰すこともできます。

ちなみにパパりんは湧水で入れたコーヒーを飲みながら
タブレット&携帯を使って株の動向をチェックしておられました(呆)。
そのお姿はスマホを手放せないスマホ依存症の女子と同じです┐( ̄ヘ ̄)┌フゥ~

柿田側湧水から東海道線新幹線の三島駅までは車でほんの数分。
そのまま駅まで送ってもらい4年振りの実家を後にしました。

たった数日でしたがパパりん&ママりんにお金を出させることなく.....
尚且つ自分のお金も使うことなく楽しく過ごすことが出来て何よりでした(笑)。
お世話になりました❤





« ママごはん | トップページ | 新型新幹線 »

家族」カテゴリの記事

小旅行」カテゴリの記事

景色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241749/55738993

この記事へのトラックバック一覧です: 柿田川湧水:

« ママごはん | トップページ | 新型新幹線 »